健康を維持するためにも矯正歯科で凸凹を治してもらおう

治療器具

健康な歯を傷つけない

医療器具

入れ歯やブリッジ、差し歯などを付けている人の中には、それらが合わなくて困っているという人もいるでしょう。入れ歯というのは歯茎に被せる人工歯のことで、一部分だけ取り付ける場合は残った左右の歯にバネを引っ掛けることがあります。また、ブリッジの場合は欠けている部分の両隣の歯を削り、その上から連なった人工歯を取り付けるのです。どちらの方法でも、人工歯を取り付けるために残っている歯を支えにしなくてはいけません。そのため、健康な歯を傷つけてダメにしてしまう可能性があるのです。また、上から被せているので装着感が強く、噛むときに痛むこともあります。こういった悩みを解決してくれるのが桐生市の歯科で行なわれているインプラント治療です。インプラント治療というのは、歯茎の中に土台となるインプラントを埋め込み、その上に人工歯をくっつけるというものです。土台があるので他の歯を支えにする必要はありません。桐生市の多くの歯科ではこの土台にチタンという金属が使われています。チタンは骨との親和性に優れている素材で、金属でもアレルギーを起こしにくいものなのです。しかし、それでもアレルギーが起こるという人もいるでしょう。そんな人は桐生市でジルコニアを使ってインプラント治療をしている歯科を探すといいのです。ジルコニアというのは人工のダイヤモンドのことで、とても固くてしっかりしている素材です。このジルコニアを使うことで金属アレルギーを引き起こす心配もありません。インプラントを検討しているという人は、無料でカウンセリングの行える桐生市の歯科を探しましょう。